ミディアム7

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About ミディアムについて

Category カテゴリー

Writers プロフィール

YOOSEKUYOOSEKU
(ヨーセク)

予知夢でうなされる事はないが、自分のイビキにうなされる。


 5月28日(月)S7#8『煙の向こうの真実』

8

アリソンは十代の少女が火災現場に取り残される夢を見る。このころフェニックスでは麻薬カルテルのボス、デ・ラ・ヴェガ被告の裁判が始まっていた。検察側はカルテルの元幹部、ウィルフレド・ソトを検察側の証人として出廷させる手はずを整えており、デ・ラ・ヴェガの有罪は確実と思われた。だがアリソンはソトと握手したさい、彼を狙う殺し屋の姿をキャッチする。間もなくアリソンの悪い予感は当たりソトは死ぬ。だが死因はビル火災に巻き込まれての事故死だった。
この日と前後し、アリソンは最初の夢に出てきた少女が、火災現場で消防士に煙を吸わされ殺される夢を見る。この消防士はソトと握手したときに見えた殺し屋だった。
捜査の結果、男は55分署の消防署長フランク・ダヴェンポートと判明する。アリソンは彼の犯行を確信するが、裏付けのため訪れた55分署で思わぬ事実に遭遇する。なんと煙を吸い込んで死んだ少女は、ダヴェンポートの実の娘シャルロットだったのだ。彼女は両親の離婚後、家を出て路上生活をしていた。アリソンはシャルロットとダヴェンポートが親子だと知ると、彼を疑ったことを悔いて消防署をあとにする。
このあと事態は急展開を見せる。アリソンは、収賄事件で起訴される予定だったアーロン・フォーリーという男性の夢を見る。彼の家の地下室にはダヴェンポートがおり、ガソリンらしき液体を布に含ませ、地下室の梁に置いていた。このとき姿を見られたダヴェンポートはフォーリーを殺す。また別の夢ではシャルロットが若い男と一緒に大学生を恐喝し、カネを引き出させている。
目覚めたアリソンはデヴァロス検事に全てを報告する。ここから2人が導いた推論と結果は次の通りだ。
1)ダヴェンポートは大金を受け取り殺しを請け負っていた。2)そんな中、娘のシャルロットが強盗事件を起こした。3)娘が逮捕されればDNAが採取され、いずれダヴェンポートの犯行が明るみに出る。4)これを避けるためダヴェンポートは、実の娘に手をかけた。5)ダヴェンポートは火事に見せかけウィルフレド・ソトも殺害した。
以上の結論から、アリソンは証拠を採取するためシャルロットの母親ジョアンナを訪ねる。ジョアンナはアリソンの話を信じていなかったが、離婚の財産分与で受け取った家が普通の公務員には買えないような豪邸であることを指摘され、ダヴェンポートが犯罪に関与していたのではないかと直感する。こうして彼女はアルバムからシャルロットの髪の毛を取り出しアリソンに渡す。この結果ダヴェンポートは逮捕され、彼は全ての罪を認める。
一方、市政ではさまざまな動きがある。まず市長が知事選への出馬を決め、後継者としてデヴァロス検事を指名する。だがデヴァロスは、家族がネガティブ・キャンペーンの標的になることを恐れ決断できずにいた。娘のアリアナは犯罪に巻き込まれたのをきっかけに自殺し、妻のリリーは傷心のあまり薬に溺れた時期があった。デヴァロスはライバル候補のベニート・ヴェレス議員から「出馬すればゴシップを広める」と暗に脅されていた。これを知ったリリーは「議員のゴシップを掴んでいる」とデヴァロス検事に話す。リリーと議員の妻は親友で、互いの秘密を打ち明けていた。そのためリリーは議員が過去に浮気をし、関係を解消するため公的資金を使い込んだことを知っていたのだった。話を聞いたデヴァロス検事はこれらの事実をヴェレス議員に突きつけ黙らせる。またアリソンはデヴァロス検事の出馬や、検事局に訪れる若い検事補候補を見て、法律家としての資格を取るため大学に復学すると決める。

続きを読む >>

2012.5.28|エピソード・ガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 5月21日(月)S7#7『通わぬ言葉』

7

アリソンは先住民の男性がトレーラーハウスで、防火服を着た男に焼き殺される夢を見る。この翌朝から彼女は、周囲の言葉が理解できなくなる。彼女を診察したセーラム医師は心因性の症状だと診断する。
一方ジョーはセーラム医師に優しい言葉をかけられたのをきっかけに、アリソンに対する忍耐力力が限界に達する。彼は最低限のコミュニケーションしか取ろうとしなくなり、アリソンは孤立を深める。
そんなとき、彼女は検事局のエレベーターホールで1人の女性と出会う。その女性はメーサ大学に勤める言語学者ジェーン・リヴィングストンだった。彼女はアリソンの分かる言葉を使い電話で話していた。それはナバホ族のディネ語だった。
アリソンの異変は、トレーラーハウスで殺された先住民の事件と深く関わっているようだった。彼女の事情を知ったジェーンは「通訳として捜査に協力する」と提案し、アリソンは了承する。
間もなく次の殺人事件が起こる。別の先住民の男性が拷問の末、トレーラーハウスで殺されたのだ。このとき床下からはライフルが見つかり、ライフルに触れたアリソンはヴィジョンをキャッチする。それは相次いで殺害された2人の先住民が銀行を襲ったシーンだった。この様子を見たジェーンは驚きを隠せない。
その夜、アリソンはジェーンが白人の男に殺される夢を見る。だがスキャンロンたちが自宅を訪ねたときには、ジェーンは消えている。アリソンは彼女が事件に巻き込まれたと思い、携帯電話に「白人の男が命を狙っている」とメッセージを残す。しかし真相は全く違っていた。
ジェーンと白人の男は共犯だった。2人は先住民の男たちが「銀行から100万ドルを強奪した」と話すのをバーで聞いた。強盗犯の2人はディネ語を使っており、周囲に言葉の分かる者がいないと油断していた。だがジェーンと白人の男は言語学の専門家であり、先住民の言葉を知っていた。こうして強盗の一件を知ったジェーンたちは、先住民の2人にカネの隠し場所を吐かせて殺害したのだった。
この夢を見た翌朝、アリソンは再び周囲の言葉が理解できるようになるが、ジェーンは南国に逃げていることが判明する。彼女は逃亡先からアリソンに電話をかけ「留守電のメッセージのお陰で身を守れた」と、白人の男を殺したことをほのめかす。だが事件はこれで終わらない。
その夜アリソンは夢で、ジェーンが現地の男にカネを奪われ殺害される夢を見る。彼女は自分の言葉を分かる者がいないと油断し、人通りの多い市場でアリソンに100万ドルの話をした。実は売店の男がこの会話を聞き、カネを奪いに来たのだった。
この事件のさなか、デュボア家ではジョーとアリソンの関係がギクシャクする。間もなくジョーは、魅力的なセーラム医師に電話をかけるが何も言わずに切る。そうして最後は自分の至らなさを責め、誰よりも広い心でアリソンを受け入れる。

続きを読む >>

2012.5.21|エピソード・ガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 5月14日(月)S7#6『そのときあなたは?』

6

アリソンはフェニックスで緊急事態が発生する夢を見る。翌朝のニュースでは近隣の地域で地震が発生していたと伝える。このときから彼女は、そばにいる人々から午前9時18分に地震が起きるヴィジョンをキャッチする。ヴィジョンによるとブリジットとマリーは授業中。ジョーは何故か向かいの家に落書きをしており、スキャンロンはシャツについたコーヒーのしみを拭いている。またデヴァロス検事は株価暴落の記事を読んでいる。
ちょうどこのころフェニックスでは何者かの手首が発見され、アリソンは捜査を担当する。検視の結果、それは5-6日前に切り落とされた男性のものだと判明する。
間もなくアリソンはこの男性に関する夢を見る。彼は414ライトビルにある、ウォルコット建設の経営者ロブ・ウォルコットを訪ねていた。
目覚めた彼女はデヴァロス検事に夢のことを伝え、似顔絵を作成。スキャンロンを連れてウォルコットの事務所を訪ねる。彼は男性の似顔絵を見ると「ビルの検査官ギャヴィン・フィンチだ」と告げる。
このあとアリソンは別の夢を見る。まず、ヒゲの男が車に大量のC4爆薬を積み、ライトビルの駐車場で爆発させる夢。そして何者かがギャヴィンの頭部を捨てる夢だった。さらにウォルコットがビルから少し離れたオープンカフェで電話中、ライトビルが倒壊するシーンも現れる。
ギャヴィンの頭部が見つかった朝、アリソンはスキャンロンがコーヒーをシャツにこぼしてしみを作ったことを知り、その日に爆弾テロが計画されると直感する。しかし、爆弾処理班がヒゲの男の車を確認すると、トランクにはぬいぐるみが入っているだけだった。
じつは全てを仕組んだのはロブ・ウォルコットだった。彼は建物の耐震偽装をして資金を浮かせ、私腹を肥やしていた。その後フェニックスで地震が起こったことで、ギャヴィンが414ライトビルの耐震性が極度に低いことを突き止めた。明らかな不正を知った彼は、ウォルコットに「当局へ報告すべきだ」と進言する。これを聞いたウォルコットは刑務所行きを恐れ、爆弾テロに見せかけビルを爆破すると決める。そこで反対するギャヴィンを殺し、バラバラにして捨てたのだった。
しかし犯行計画の当日、ビルはギリギリで爆破を免れる。アリソンは、スキャンロンが再びコーヒーをこぼしたこと、さらにデヴァロス検事が夢に出てきた新聞を見ていたことから本当の犯行日を突き止めたのだ。こうしてウォルコットは、起爆装置の携帯電話に電話をかけたところで逮捕される。携帯電話は既に爆弾から切り離され、押収されていたため爆破事件は起きない。
一方デュボア家ではブリジットやマリーが夜中、無意識のまま向かいの家に落書きをし始める。向かいのホールステッド家は金利の上昇と夫の急死でローンの返済に行き詰まり、差し押さえにあっていた。
ある日、ホールステッド夫人が荷物を取りに戻ってくる。このとき彼女は「落書きのおかげで家の見学会が延期されており、あと数日時間が稼げれば自分で家を買い戻せる」とジョーに話す。どうやらブリジットやマリーは、他界したホールステッド氏に操られ、無意識に落書きをしていたようだった。これに気づいたジョーは自分でも落書きをする。その文字は「JはAにラブ」となっており、これを見たアリソンは喜びジョーにキスをする。

続きを読む >>

2012.5.14|エピソード・ガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 5月7日(月)S7#5『手は語る』

5

アリソンは湯を沸かしている鍋を落として腕を火傷する。この処置として、傷口には別人の皮膚を移植する「同種移植」が行われる。手術から帰宅した彼女はその夜、モニカという女性が男に襲われる夢を見る。
スキャンロンが調べたところ、この女性は先日から行方不明になっているモニカ・ジェーンウェイだと判明する。彼女はカーサ・ヴァレー病院の研修医だった。一方、夢で彼女を襲っていた男は同病院の移植センターに勤める、外科部長ヒース・ティムリン医師だった。これを聞いたスキャンロンは「後日ティムリンのアリバイを調べる」と告げる。するとアリソンの左手が勝手に動き、スキャンロンの腕を掴む。
手の異変は朝も起きていた。手が勝手にテレビのリモコンを何度も押したのだ。驚いたアリソンが手術の担当医を訪ねたところ、彼は「皮膚は死亡したドナーから提供された」と告げる。間もなくアリソンは次の夢を見る。夢ではティムリンが共犯者の男のもとへ、気絶したモニカを運んでいた。
夢を見た翌朝、アリソンの手はまたもや勝手に動き始める。昼間はデヴァロス検事のオフィスでテレビのリモコンを押しまくり、夜は寝ているアリソンを叩き起こしてテレビをつける。このとき画面はラングレン葬儀場のところで止まり、アリソンの夢に出てきた共犯者の男が映る。彼はレイン・ラングレンと言った。
翌日、アリソンとスキャンロンが葬儀場のラングレンに事情を尋ねると、彼は「モニカと面識はないがティムリンのことは知っている」と答える。このときアリソンの手が告別式の行われている部屋を指さし、彼女たちが部屋に入ると、手は棺に横たわる男性の遺体のズボンをおろそうとする。この騒動でアリソンたちはラングレンに追い出されてしまう。
この夜、アリソンは次の夢を見る。そこには告別式で見た男性の遺体があり、ティムリンとラングレンが組織を採取していた。ティムリンは組織バンクを運営しており、ラングレンをカネで釣っては葬儀場に運ばれた遺体の組織を勝手に取っていたのだ。本来、組織は正式なドナー登録を行ったのちに採取する。この不正に気づいたモニカは、ティムリンに殺された。そうして彼女の皮膚が、組織バンクを経由してアリソンの火傷の治療に使われたのだった。
捜査の結果、男性の遺体からは骨や皮膚が取られていることが判明し、ティムリンとラングレンは逮捕される。このときアリソンは警察で1人の女性と遭遇し、手が女性のネックレスをはぎ取る。じつはこの女性はティムリン医師の妻であり、彼女が身につけていたネックレスはモニカのものだった。アリソンは、モニカが殺されたときこのネックレスを付けていたのを夢で見ていた。夢では殺害直後、ネックレスに彼女の血液が付着していた。このことからアリソンはネックレスを調べれば、それがモニカの持ち物であると証明され、そこからティムリンたちのモニカ殺しを裏付けることができると確信する。
一方デュボア家では、ブリジットがサッカーチームのゴールキーパーとして活躍する。これを知ったジョーは大喜びするが、間もなく大昔に死んだスワンソンコーチの霊がブリジットを助けていることが判明する。
「ズルだ」というジョーに対し、ブリジットは「特技を活かしているだけだ」と反発するが、プレーオフ出場のかかった大事な試合でスワンソンに裏切られる。
スワンソンは対戦チームの元コーチだった。彼は自分のチームのプレーオフ進出を確実するため弱いチームを残そうとした。そうしてブリジットの霊能力を利用し、サッカーの素人である彼女がキーパーになるよう仕向けたのだ。試合当日コーチは姿を消し、助言を得られなくなったブリジットは大量に失点。彼女のチームはボロ負けする。だがブリジットはこの出来事をきっかけに、真剣にスポーツをする楽しみを知る。

続きを読む >>

2012.5. 7|エピソード・ガイド|コメント(4)トラックバック(0)