ミディアム7

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About ミディアムについて

Category カテゴリー

Writers プロフィール

YOOSEKUYOOSEKU
(ヨーセク)

予知夢でうなされる事はないが、自分のイビキにうなされる。


 4月30日(月)S7#4『弟の結末 Part2』

Medium4_3

スキャンロン刑事は相変わらず、ポールの悪夢にうなされている。そのころアリソンは検事局で少女の霊と遭遇する。彼女はキャロライン・クルーガーと言い、「自分は殺害されてソノラ砂漠に埋められている」と告げる。
アリソンからこの話を聞いたデヴァロス検事は、管轄区であるユッカのギロリー保安官に協力を取り付け、無事に遺体を発見する。ギロリー保安官は保守的で冷酷な人物だったが、遺体の場所をピタリと言い当てたアリソンの能力に感心する。
その夜アリソンは、キャロラインがトイレで売春する夢を見る。その相手は何とポール・スキャンロンだった。
翌朝目覚めた彼女は、ギロリー保安官に「ポールを夢で見た」と伝える。するとギロリーは裏付け捜査もせず、彼をキャロライン殺しの犯人と断定する。これに異議を唱えたのがスキャンロン刑事だった。彼はアリソンを責め「ポールがいくらひどい人間でも、殺人はしない」と主張する。
その夜アリソンは夢で、ポールとキャロラインのいるトイレに、スキャンロンが現れるのを見る。飛び起きた彼女はスキャンロンに「ポールと居るシーンを見た」と噛みつく。だがこれはアリソンの勘違いだった。彼女が夢で見たのは、死後のポールとキャロラインが、トイレでスキャンロンを待つシーンだった。
スキャンロンはポールの容疑を晴らすため、独自に捜査を始めた。そうしてキャロラインの殺害現場と思われるトイレを突き止め、有力な証拠を見つける。このトイレには天井に省電力タイプの電球があり、アルミ製のカバーがついていた。カバーにはカギが掛けられ、簡単には取り外せない。つまり電球にはキャロラインのDNAなど、犯行を裏付ける証拠が付着している可能性があったのだ。こうしてスキャンロンはギロリーの協力のもと、電球を取り外す手はずを整える。
その夜、アリソンのもとにポールの霊が現れ「自分はキャロラインを殺していない」と告げる。全てはポールがスキャンロンを殺すために仕組んだワナだった。
真犯人はギロリー保安官だった。彼は客引きをしていたキャロラインを捕まえたとき「サービスをする代わりに見逃してくれ」と取引を持ちかけられた。すると保安官は同意するそぶりを見せて彼女をトイレに連れ込み、ストレスのはけ口として殺害したのだ。死後キャロラインはポールの霊と遭遇し、彼がスキャンロンを殺したがっていることを知った。こうしてギロリーに復讐したい彼女と、弟を殺したいポールの利害が一致。2人はギロリーとスキャンロンが捜査を巡って相討ちになるよう計画したのだった。2人の思惑通り、トイレを訪れたスキャンロンとギロリーは互いを撃つ。
だがスキャンロンは心肺停止になっても諦めない。彼はリンや赤ん坊のことだけを想い続け、とうとう復活を果たす。全てを知ったアリソンは瀕死のスキャンロンに駆け寄り、誤解していたことを謝罪する。
一方デュボア家では、アリエルが家を出る日が迫る。マリーは素直に別れを惜しむが、ブリジットはひどい言葉をかけ続ける。イワンの霊はこれを見かね、アリエルの前に姿を現す。こうしてアリエルはブリジットの想いに気づき、彼女にウェブカムの使い方を書いた説明書を手渡す。「大好き」というアリエルに対し、ブリジットも最後には「大好き」とアリエルに伝える。

続きを読む >>

2012.4.30|エピソード・ガイド|コメント(2)トラックバック(0)

 4月23日(月)S7#3『弟の結末 Part1』

Medium4_2

リー・スキャンロン刑事は夜ごと悪夢にうなされる。夢の内容はいつも子供のころの出来事で、兄のポールが自分をかばい、父親から折檻されるシーンだった。
そんなある日、スキャンロンはローレンス・レイモンドという男から訴訟を起こされる。レイモンドは札付きのワルで、20年前から犯罪を繰り返していた。彼は「スキャンロンが突然現れ、妻子の前で自分に殴る・蹴るの暴行を加えた」と主張する。このことでスキャンロンは調査委員会にかけられる。
スキャンロンはひどい寝不足で当時の記憶がなかったがアリソンは、彼がレイモンドを痛めつけるシーンを夢で見ていた。そして傍らにはポールがいた。
そのころアリエルは、大学の準備に追われる日々を送っている。するとある日、彼女の携帯電話にメリッサという女性から電話が入る。彼女はアリエルの寮のルームメイトだと名乗り、中古車を買うよう勧める。もちろんジョーとアリソンは却下する。
だが車が欲しいアリエルはインターネットで安い中古車を見つけ、売り主の家を訪ねる。そのときドア越しに少女が襲われるヴィジョンが現れる。じつはこの家では、車の持ち主レベッカ・コークリーが数日前から姿を消していた。叔父のゲイブに事情を聞いたアリエルは帰宅し、アリソンにレベッカのことを話す。
その夜、アリエルは携帯電話で起こされる。電話の相手はメリッサだった。だが途中で彼女は襲われ電話は切れる。
実はこの電話はヴィジョンでメリッサは11年前に殺害されていた。当時、彼女はアリエルと同じダートマス大学への入学が決まっていたが、その直前で命を奪われており事件は未解決だった。
このあとアリエルは、レベッカが叔父のゲイブに言い寄られ口をふさがれる夢を見る。アリエルからこの話を聞いたアリソンはデヴァロス検事に相談し、スキャンロンにゲイブを尾行させる。だがスキャンロンは途中で眠ってしまい、ゲイブを見失ってしまう。慌てた彼は無線で応援を要請するが、話している途中で携帯電話の電池が切れる。本来は泳がせてレベッカの監禁場所を突き止める予定だったが、無線を聞いたパトカーがゲイブの車を止めてしまう。
これで捜査は振り出しに戻るが、デヴァロス検事が賭けに出る。彼はゲイブのゴミ袋を押収し、彼を検事局に呼んだ。そうして「11年前のメリッサ殺しの件でDNA検査を行う。死刑が嫌ならレベッカの居場所を教えろ」と告げる。諦めたゲイブは全てを自供。レベッカは無事に保護される。
一方アリソンは、再びスキャンロンの夢を見る。夢の彼は、ローレンスの妻リサに、彼女が偽名を使っていることや、クスリの密売容疑を含む逮捕が2回あることを指摘。裁判で証言をしないよう脅しをかけている。このシーンの直後に目覚めたアリソンは、スキャンロンに絶交宣言をする。

続きを読む >>

2012.4.23|エピソード・ガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 4月16日(月)S7#2『運命のマーク』

Medium7_2

センテニアル公園で連続殺人事件が発生する。これまでの被害者は3人。全員ピアノ線で首を絞められ殺害されていた。この事件の担当となったアリソンは、奇妙な夢を見る。それは人々の額に不思議なマークが現れ、同じマークを持つ人同士が結ばれるという内容だった。間もなく彼女は、夢に出てきた男性と公園で遭遇する。
男性はギル・ブレリと言い、近くでレストランを経営する人物だった。アリソンの目には彼の額に浮かぶハートのマークが見える。
帰宅後、彼女は自分とジョーの額に同じ星のマークがあると喜ぶが、ジョーはこの現象が脳腫瘍のせいではないかと不安になり、彼女を病院へ連れて行く。検査の担当として現れたのは、アリソンの夢でギルと結ばれていた、ジュディ・ベネットという女性だった。
彼女の額にギルと同じマークを見つけたアリソンは、2人を引き合わせようと決める。すると約束の当日、ギルとジュディはレストランの駐車場で軽い追突事故を起こし、事故処理のため連絡先を交換する。アリソンはこの様子を嬉しそうに見守るが、事態は思わぬ展開を見せる。
アリソンの夢に、ギルがジュディを絞殺するシーンが現れたのだ。飛び起きた彼女はスキャンロンからの電話で、ジュディが死亡したことを知る。こうしてギルはセンテニアル公園の連続殺人犯として逮捕される。だが彼の指紋と、3件目のメリンダ・サリー殺害事件でようやく採取された犯人の指紋は一致せず、ギルは釈放される。
一連の絞殺事件の犯人は2人いた。最初の2件とジュディ殺しの犯人はギル・ブレリ。そして3件目メリンダ・サリーの事件は、連続殺人に見せかけたジュディ・ベネットの犯行だった。
ジュディはメリンダ・サリーの担当医だったが、重大な誤診により彼女から訴訟を起こされた。ジュディは敗訴が確実な情勢に焦り、連続殺人犯の犯行にみせかけてメリンダを殺したのだった。
一方、証拠不十分で釈放されたギルには意外な結末が待っている。彼は駐車違反の常習者で、大量の罰金があった。間もなく彼は、この事実を突き止めたアリソンとスキャンロンの連携プレーにより収監される。本来は短期の収監となるはずだったが、彼は同房の受刑者に殺されてしまう。
このころジョーの会社では、リディアという女性社員が同僚のデイヴや上司のジョー、会社を相手どりセクハラ訴訟を起こしていた。ジョーは誠実な対応をしてきたにもかかわらず、訴訟の対象にされ激怒する。同じころマリーがジョーに見た夢について話し出す。それは「シャングリラ・ホテルのベッドで、リディアとデイヴが裸になってケンカしていた」というものだった。
これを聞いたジョーは密かに交際していた2人が、セクハラ問題をでっちあげ会社から和解金を騙し取ろうとしていると気づく。間もなくジョーはホテルに2人が出入りしていた証拠を掴み、2人をクビにする。

続きを読む >>

2012.4.16|エピソード・ガイド|コメント(4)トラックバック(0)

 4月9日(月)S7#1『アリソンvs.ブリジット』

1

7年生になったブリジットは、マスコミの授業で転校生のキャメロンと出会う。このころアリソンはゲイリー・デュラントという市民から父親のウォルターを撮影した動画の件で相談を受ける。動画にはホームレスのウォルターが、ペンチで歯を抜き報酬を受け取っている様子が映っていた。これを見つけたゲイリーは「父親をいたぶった相手を捕まえて欲しい」と訴えるが、アリソンは「報酬を受け取っている以上、違法性がない」と答える。
その夜、ブリジットはキャメロンの好きな映画「2001年宇宙の旅」をアリソンと観る。だが2人は途中でうたた寝してしまい、目覚めたときにはとんでもない事態が起きている。
なんとアリソンとブリジットの体が入れ替わってしまったのだ。2人はやむを得ず、元に戻るまで静かに過ごすと決める。だがブリジットにはどうしても外せない数学のテストがあったため、ブリジットの体に入ったアリソンは仕方なく学校へ行く。
テストのあと、彼女はキャメロンから週末のデートに誘われる。そしてその夜、キャメロンがウォルターに歯を抜かせ撮影するシーンを夢に見る。
飛び起きたアリソンはジョー経由でデヴァロス検事に状況を報告し、キャメロンは逮捕される。動画のIPアドレスはキャメロンの自宅から近い図書館のもので、図書館の利用記録には「デイヴ・ボウマン」という署名があった。これは「2001年宇宙の旅」の主人公の名前だった。
これらの状況から検事たちはキャメロンの犯行を疑うが、キャメロンは「犯行時刻はゲームをしていた」と主張する。このときアリソンの体にいるブリジットは、キャメロンがゲームをする様子をヴィジョンでキャッチ。皆の前で「キャメロンは無実だ。ヴィジョンで見た」と言ってしまう。弁護側に手の内をさらした彼女に対し、デヴァロス検事は激怒する。
その夜、キャメロンはデュボア家を訪ね、無実の証拠として1枚のDVDを置いていく。それはウォルターの人生を記録したものだった。歪んだ形ではあったが、キャメロンはウォルターを友達だと思っていた。そうして彼の暮らしを追い、ドキュメンタリー作品を作っていたのだ。そこにはウォルターと言い争うゲイリーの姿が映っていた。このシーンが画面に現れて間もなく、アリソンとブリジットは元の体に戻る。
キャメロンの犯行に見せかけ、ウォルターを殺害したのはゲイリーだった。彼は父親をいたぶる動画を見つけると殺害するチャンスだと考えた。そうして消毒用アルコールの容器に配管用洗剤を入れ、ウォルターに渡した。アルコール依存症のウォルターはこれを飲み、死んだのだった。犯行を否認するゲイリーに対し、デヴァロス検事とスキャンロンは、ゲイリーのカードの明細にビデオカメラや消毒液、洗剤の購入記録があることを突きつける。
事件解決後、アリソンがブリジットを学校へ迎えに行くと彼女浮かない顔をして車に乗ってくる。じつはアリソンがブリジットの代わりに受けたテストの結果が、Cプラスだったのだ。

続きを読む >>

2012.4. 9|エピソード・ガイド|コメント(3)トラックバック(0)