ミディアム7

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About ミディアムについて

Category カテゴリー

Writers プロフィール

YOOSEKUYOOSEKU
(ヨーセク)

予知夢でうなされる事はないが、自分のイビキにうなされる。


 9月26日(月)S6#22『未来をこの手に』

22

アリエルに、名門ダートマス大学の合格通知が届いた夜、アリソンは娘の進学を巡ってジョーと言い争う。同大学はフェニックスから遠いニューハンプシャー州にあった。アリソンはアリエルと離れて暮らすことが受け入れがたく、「娘を遠くにやるくらいなら死んだ方がマシ」と語る。
翌朝、ジョーが起きるとアリソンは息を引き取っている。慌ただしく葬儀が行われるなか、アリエルはアリソンの霊を目撃する。このときアリソンはメアリー・ルイーズ・グラフという女性の霊に会い、彼女が絞殺されたことを知る。
メアリー・ルイーズによると犯人はクラレンス・デントンという凶悪犯で、彼は別の女性を監禁しているところだった。これを見たアリソンは翌朝アリエルを訪ね、デヴァロス検事に犯人の情報を伝えて欲しいと告げる。この結果クラレンス・デントンは逮捕され、彼は司法取引で罪を認める代わりに死刑を免れる。こうしてメアリー・ルイーズの事件は決着する。
アリソンが他界して半年、アリエルはフェニックスに残り、アリソンの情報をデヴァロス検事に伝える日々を過ごしていた。間もなくデヴァロス検事がインシュリンの過剰摂取で急死し、後任としてケリー・シュラーが検事に就任する。
その後、アリエルは夢でメアリー・ルイーズを殺害した犯人がクラレンス・デントンとは別の青年だと気づき、似顔絵を作ってシュラー検事に報告する。しかしシュラー検事は証拠がないのを理由にアリエルの主張を却下し、アリエルを1カ月でクビにすると告げる。
突然クビを言い渡されたアリエルは、どことなくホッとした表情を浮かべるが、霊となったアリソンは、似顔絵を持ってグラフ家に行くよう指示する。するとそこには似顔絵にそっくりな青年がいる。
彼はメアリー・ルイーズの義理の息子ライアンだった。実はライアンは、メアリー・ルイーズの浮気相手で、サディスティックな性行為を好んでいた。このため彼は行為の途中でメアリー・ルイーズを死なせてしまったのだった。しかし、ライアンはその後も危険な行為をやめず、すでに2人の女性を殺害していた。メアリー・ルイーズは捜査の目がクラレンス・デントンに行くように仕向け、ライアンを守っていたのだった。アリソンが騙されたと気づいたときには、アリエルはアリソンを拒絶し家を出ている。
このシーンでアリソンは目覚める。すべては長い夢だった。アリソンはアリエルのダートマス大学行きを受け入れ、メアリー・ルイーズ殺害事件の捜査でも先回りする。こうしてメアリー・ルイーズが現れたときには、ライアンは逮捕されている。後日、スキャンロン刑事とリンの結婚披露パーティーが行われ、人々は未来に向かって乾杯する。

続きを読む >>

2011.9.26|エピソード・ガイド|コメント(8)トラックバック(0)

 9月19日(月)S6#21『子豚の憂うつ』

21

アリソンはバーニーという子ブタが大きな木の下で死体を見つける夢を見る。翌朝から彼女は、肉を見るたび家畜の叫び声を聞くようになる。そのころ地方検事局には、SARCという動物愛護団体の職員メリッサ・トルネイが行方不明になったという情報が寄せられる。団体の責任者ヴィクトリア・ゴセットは「メリッサが食肉加工のアグロユナイテッド社の飼育場に勤めたあと姿を消した。アグロユナイテッド社が彼女を殺した」と主張する。こうして地方検事局では捜査を始め、アリソンはアグロユナイテッド社の飼育場に向かう。すると彼女は夢に出てきた子ブタのバーニーと大きな木を見つけ、スキャンロンに遺体の捜索を依頼する。間もなく木のそばからは血痕と骨が見つかるが、それは動物のモノとの見方が強まる。
その夜、アリソンはバーニーの母親が処理場に連れて行かれる夢を見る。翌朝目覚めたアリソンはヴィクトリアに相談し、バーニーを飼育場から買い取る。一方、捜査線上にはメリッサの交際相手シェーンが容疑者として浮上する。
こうしてシェーンの事情聴取が始まり、アリソンは彼がメリッサからDVDを預かるヴィジョンを見る。そしてその夜、彼女の夢にはシェーンがDVDと交換に5万ドルを要求した直後、射殺される夢を見る。翌朝、彼の自宅を訪れたときにはシェーンの姿はない。
さらにアリソンはヴィクトリアがメリッサから不正を指摘され彼女を射殺する夢と、ヴィクトリアがメリッサの遺体をバラバラにし、バーニーたちに食べさせる夢を見る。
翌日、検事たちはヴィクトリアに殺人の動かぬ証拠を突きつける。それはバーニーの腹部を写したX線写真だった。腹部には弾丸と人間の指の骨があり、弾丸はヴィクトリアの持っている、38口径用のものだった。検事が証拠の写真を突きつけ「犯行を認めなければバーニーの腹を裂く」と迫ると、ヴィクトリアは動物愛護精神から犯行を認める。
一方、デュボア家ではジョーが誕生日を迎える。このときマリーが2度もコミック・ストアの人形を盗む。するとマリーは「人形から、ジョーの持ち物だと聞いた」と告げる。ジョーが確かめたところ人形には「J・デュボア」の文字がマニキュアで書かれていた。それはジョーの母親マジョリーが、息子の持ち物だと分かるよう30年以上に書いたもの。つまり2体は、ジョーが子供時代に持っていた人形だったのだ。このことに気づいたジョーとアリソンはマリーの行動を理解し、誕生プレゼントを素直に喜ぶ。

続きを読む >>

2011.9.19|エピソード・ガイド|コメント(0)トラックバック(0)

 9月12日(月)S6#20『消えゆく日々』

20

アリエルは化学のテストを受けた当日から記憶と時間が飛ぶという異変に見舞われる。最初に時間が飛んだのは、同級生で優秀な学生、リアム・マクマナスと話した直後だった。彼は寝不足のアリエルを見ると、車のキーを渡して仮眠をすすめる。
アリエルはこれを断ったはずだったが、車のなかで目覚める。このとき数時間が経過し、学校では6時間目の授業が始まろうとしていた。
間もなく時間が飛び、アリエルは化学の教師リサ・ケリガンの家にいる。リサはこの日、アリエルに息子のブレンダンの世話を頼んでいた。アリエルは時間が飛んで怯えながらも、泣き叫ぶブレンダンを連れて階段を下りる。するとそこには射殺されたリサの遺体がある。
リサの遺体を見た直後、アリエルはパトカーにいる。彼女は警察に通報したようだったが、何も覚えていなかった。そして駆けつけたアリソンと話していると、さらに時間が飛ぶ。アリエルは10年後の世界でリアムと結婚。アンナという5歳の娘をもうけている。
10年間の記憶を失ったアリエルはパニックに陥り、アリソンとジョーのいる実家へ向かう。そうしてリサ・ケリガン殺しの犯人が捕まっていないことを知る。間もなくアリエルは、リサが目出し帽を被った男に殺される夢を見る。このとき彼女は犯人を「ブレンダンの父親だ」と呼んでいた。
目覚めたアリエルはアリソンに連絡し、リサの夫ダニエル・ケリガンが犯人だと伝える。このときアリソンは地方検事に、スキャンロンは警察署長に、デヴァロスは市長になっている。アリソンたちは再捜査を行い、ダニエルのアリバイがないことを突き止める。この点を指摘されたダニエルは、事件当日に浮気をしていたと告白。こうして彼のアリバイは成立し、事件は振り出しに戻る。
その後、アリソンがアリエルに電話をかけてくる。彼女は「犯人が分かった。すべてはブレンダン・ケリガンが原因だった」と伝える。この直後、アリエルは7年後に飛んでしまう。そして彼女はアリソンが電話の直後に殺されたことを知る。
母親を失った絶望のなか、アリエルはリサの事件を解決すれば時間が飛ぶ現象が終わるという結論に達する。手がかりを掴むため、彼女が向かったのはケリガン家だった。するとそこには17歳に成長し、リアムにそっくりなブレンダンがいる。実はブレンダンは、リサとリアムの子供だったのだ。リサを射殺したのはリアムだった。
アリエルはようやく真実を突き止めるが、リアムが車のなかで待ち伏せている。彼はアリエルを見ると「娘を守るためだ」と告げ、アリエルに銃口を向ける。
目覚めたアリエルは現実の世界に戻っている。アリエルは夢のことをアリソンに知らせる。この結果リサは保護され、銃を持っていたリアムは現行犯で逮捕される。こうして事件の解決を知ったアリエルは、アリソンにしがみつき号泣する。

続きを読む >>

2011.9.12|エピソード・ガイド|コメント(4)トラックバック(0)

 9月5日(月)S6#19『小さな目撃者』

19

デュボア家の近隣のモルハーン宅で家主のマットが強盗に殺害され、マリーが犯人を目撃する。最近おきた強盗殺人はこれで3件目。犯人は裏口から押し入ると、被害者に金庫を開けさせ、後頭部を撃って殺していた。アリソンは3件目の事件が起きたとき、マリーが男をハッキリ見る様子を夢でキャッチする。間もなくこの男は近所で暮らす、ジョシュ・ベリーマンと判明し、マリーが面通しに立ち会うこととなる。
この事件を機にデュボア家では警報器を設置するが、このころからマリーの言動がおかしくなる。彼女は装置としゃべるようになり、面通しではベリーマンを認識しながら「犯人の顔を覚えてない」と言い出す。
やがてアリソンはマリーと警報器の夢を見る。夢では警報器が「SAL(サル)」と名乗り「自分の指示に従わなければ家族が死ぬ」とマリーを脅していた。マリーはSALに従い、面通しで「顔を覚えていない」と言ったり、ベリーマンが側溝に捨てた銃を拾い、デュボア家のガレージのゴミ箱に捨てたりしていた。
飛び起きたアリソンはガレージで銃を見つけマリーを問いただすが、彼女は家族が危険にさらされるのを恐れSALの命令だと認めない。結局、この銃が犯行に使用されたことが判明するが、銃には指紋もシリアルナンバーもなく、ベリーマンの反抗を裏付けることはできない。
その直後、アリソンは夢で真相を知る。夢では被害者のマット・モルハーンがベリーマンにカネを渡し、自分の殺害を依頼していた。じつはマットは深刻な遺伝病を抱えていた。病気を理由に自殺を決意した彼は家族に保険金を残すため、借金を抱えるベリーマンに幇助を依頼したのだった。霊となったマットは協力者のベリーマンを守るため、SALとしてマリーの前に現れた。そうして彼女の恐怖心を利用し、証拠隠滅を図ったのだった。
マットはデヴァロス検事に全てを報告しようとするアリソンに「2件の強盗殺人の真犯人を教える代わりに見逃してくれ」と告げる。諸事情を考慮したアリソンは、彼の提案をのむ。
一方デュボア家ではアリエルが名門サウスフォーク大学入学の面接にのぞむ。すると面接の直前になり、彼女の前にサウスフォーク大のアラン・ハーン・バーカー教授の霊が現れる。彼は面接のアドバイスをする代わり、面接官で妻のソンドラのパソコンからあるデータを削除して欲しいと告げる。それがポルノ系のファイルだと思ったアリエルは同意するが、面接当日それが隠し子の写真だと判明する。アリエルはこのデータをいったんは削除するが、後日思い直しデータを元に戻す。しかし、これを見たソンドラはアリエルとアランの関係を誤解。写真のデータを嫌がらせのために入れたと思い込む。この結果、アリエルはソンドラからのお墨付きを得られなくなり、不合格となってしまう。

続きを読む >>

2011.9. 5|エピソード・ガイド|コメント(2)トラックバック(0)