ミディアム7

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About ミディアムについて

Category カテゴリー

Writers プロフィール

YOOSEKUYOOSEKU
(ヨーセク)

予知夢でうなされる事はないが、自分のイビキにうなされる。


 8月8日(月)S6#15『兄の結末』

15

アリソンはスーパーの駐車場で強盗に襲われ失神する。このとき彼女は映画のような派手なアクションで強盗を倒す夢を見る。間もなく病院に搬送されたアリソンは、キラという女性と出会う。彼女は6年前にレイプされており、現在は護身術を教えていた。キラの力強い言葉を聞き、アリソンは教室に通うことを決める。
間もなくアリソンはキラが男性に襲われる夢を見る。彼女はこれが6年前の事件のシーンだと考え捜査を開始。まもなくデータベースからヘンリー・メイナードという男を見つけ、スキャンロンに報告する。ところがスキャンロンは思わぬ事実を告げる。実はヘンリー・メイナードは、ある性犯罪者を逮捕するために用意された、おとり捜査官だというのだ。彼の本名はショーン・ライリーといい、ライリー刑事が接触していた性犯罪者はポール・スキャンロンといった。なんとポールはスキャンロン刑事の実兄だった。ポールには過去に2回の性犯罪歴があり、今回は15歳の少女をレイプした容疑をかけられていた。容疑の根拠はインターネットにアップされた犯行シーンの動画だ。この映像に映っていた男の特徴から、ポールが捜査線上に浮かんだのだった。
このころライリー刑事からは、1週間以上も連絡が途絶えていた。やがてアリソンの夢をもとにライリーの捜索が始まり、彼の遺体が発見される。この結果、ポールは少女へのレイプとライリー殺し、2つの容疑で取り調べを受ける。だがポールはどちらについても否認し、証拠不十分で釈放される。このときアリソンには、ポールが少女をレイプするヴィジョンが見える。
その後アリソンは、キラがライリーを殺す夢を見る。実はアリソンが最初に見た夢は、キラがレイプされるシーンではなかった。キラにつかまったライリーが逃げ出そうとし、彼女ともみ合いになっているシーンだった。
このあと、ライリーのほかにもデータベースに登録されている性犯罪者が失踪していることが判明し、キラが彼らを始末した可能性が高まる。しかし物的証拠がないため、スキャンロンたちはキラを逮捕できず、ただ監視するしかない。
同じころスキャンロンは、少女暴行の動画を見直し、犯人が親指を手首につくほど曲げていることに気づく。この行為はポールの癖そのものだった。この癖に気づいたスキャンロンは兄の犯行を確信し、ポールに自首をすすめる。だがポールは証拠がないのをいいことに捨てぜりふを吐き、その場をあとにする。
この夜、アリソンはキラがポールを殺す夢を見る。アリソンはスキャンロンへすぐに電話で伝えるが、2回目に電話をかけたときには「ポールは死んだ」と聞かされる。
だがこれは事実ではなかった。この時点でポールはまだ生きていた。しかしスキャンロンは家族を守るため、キラの犯行を止めない道を選んだのだった。彼はポールを追うキラを見送り、車のなかで銃を握り時が過ぎるのを待つ。

●スキャンロンの兄
第6シーズンに入って、何とスキャンロンの兄が登場しました。海外ドラマでは、何シーズンもたったところで、登場人物の肉親が登場することがあります。
スキャンロン刑事の肉親といえば、第1シーズン第3話「死の婚礼」の妹、第5シーズン第18話「ライバルあらわる」の父親に続き3人目です。
妹は猟奇殺人の犠牲者、父親は愛情のかけらもない人物。そして兄のポールは犯罪者……。スキャンロンはどれだけの悲しみと苦しみを背負って生きるのか? リンとはぜひ幸せになって欲しいですね!
●出演者インタビュー
ミディアム6の特設サイトでは、製作陣や出演者のインタビューが満載です。アリソンのアクションについて、制作総指揮のグレン・ゴードン・キャロンやアリソン役のパトリシア・アークエットが答えています。ぜひご覧ください!
●今回のゲスト
リー・スキャンロン刑事の兄ポール役を演じるのはディーン・ノリス。TVシリーズ「ブレイキング・バッド」「CSI:科学捜査班」「クリミナル・マインド FBI行動分析課」「トゥルーブラッド」「LOST」「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ」ほか、人気シリーズに多数出演。
護身術のインストラクター、キラ役はローラ・プリポン。「ザット '70s ショー」「ホームタウン~僕らの再会~」「Dr.HOUSE―ドクター・ハウス―」「ママと恋に落ちるまで」「キャッスル~ミステリー作家は事件がお好き」などに出演。
潜入捜査官ショーン・ライリー役を演じたのはデレク・フィリップス。「プライベート・プラクティス」「グレイズ・アナトミー」ほかに出演。

2011.8. 8|エピソード・ガイド|コメント(5)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211454/52424465

この記事へのトラックバック一覧です: 8月8日(月)S6#15『兄の結末』:

コメント

今回はつらい展開でしたね。
家族を守るためとはいえ・・・
リーの苦悩が伝わってきました。
自分自身は家族に恵まれなかったけど、新しい家族とはぜひ幸せになって欲しいです。


投稿: SESAME | 2011年8月 9日 (火) 09時44分

とても参考になりました。
ありがとうございました。

投稿: セシル | 2011年8月10日 (水) 13時12分

SESAMEさま
コメントありがとうございます。
そうなのです……。本当に辛い展開でした……。
車のなかでうずくまるリーの姿が痛々しいですね。
彼には幸せになってほしいです!

セシルさま
コメントありがとうございます。
また是非遊びにいらしてくださいね。

投稿: Yooseku | 2011年8月10日 (水) 20時12分

今回は、何だか後味が悪くなかったですか?あの彼女を捕まえるきっかけにはなりましたが、兄を《殺してもらった感》がありましたよね。でも、信じていた兄へのリーの複雑な気持ちも理解出来ました。
おとり捜査に参加していた警官が可哀相すぎました(>_<)

投稿: deklan | 2011年8月13日 (土) 20時47分

deklanさま

コメントありがとうございます。
今回は本当にやるせない展開でした……。
ミディアムには毎シーズン、勧善懲悪では語りきれないエピソードがあります。人間の微妙で繊細な審理が描かれる一方、やるせない気持ちも残りますね。リーには幸せになってもらいたいと思います!

投稿: Yooseku | 2011年8月18日 (木) 21時09分

コメントを書く