ミディアム7

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About ミディアムについて

Category カテゴリー

Writers プロフィール

YOOSEKUYOOSEKU
(ヨーセク)

予知夢でうなされる事はないが、自分のイビキにうなされる。


 6月30日(月)S3#10『邪悪な人形』

アリソンは家族全員が人形になり、少年に監視されている夢を見る。そして翌朝、人形を抱いてたたずむ少年をスーパーで見かける。すると突然、彼が父親から虐待されているヴィジョンが現れる。それから間もなく、父親は自宅で遺体となって発見される。死亡したのはマイケル・レヴィット、少年はオリヴァーと言った。このとき家にはマイケルの姉でオリヴァーの伯母、サラジェーンが来ていた。彼女によるとマイケルは、屋根に登った猫を助けようとして足を滑らせたと言う。現場検証で不審な点もなかったため、この一件は事故死として処理される。

しかしアリソンは、家の中で少女とオリヴァーの話し声を聞く。少女の声の主は、オリヴァーの人形マギーのようだった。
 その後アリソンは立て続けにオリヴァーの夢を見る。夢ではオリヴァーがマギーと話す場面、彼が父親マイケルに虐待される場面、幼少のサラジェーンが父親に虐待される場面、彼女が父親を階段から突き落とす場面などが見えた。これらの内容からアリソンは、幼少期のサラジェーンやオリヴァーが霊能者で、共にマギーの声を聞き、邪悪な人形に煽られるまま父親を転落死に見せかけ殺害したと確信する。
 だがサラジェーンとマイケルの父親が他界したのは35年も前のこと。また、オリヴァーがマイケルを殺害した証拠もない。そこでアリソンはオリヴァーとサラジェーンの幸せを願い、デヴァロス検事には全てを伏せる。
 一方、デヴァロス検事は妻リリーと共に辛い過去と向き合う。実は彼らの愛娘アリアナは約6年前に自殺し、この世を去っていた。アリソンは検事から事情を聞くと「ラスト・ガスプ(※意味は「最後の喘ぎ」)」という言葉をキャッチ。この言葉を頼りに、夫妻は娘の墓地の近くにある同名の町を訪ねる。やがて2人は時期はずれに咲き誇る、白い百日草の花畑を見つける。白い百日草はアリアナの大好きな花。夫妻は満開の花畑を前に娘の愛をかみしめる。
 またデュボア家では「マリーが水疱瘡になる夢を見た」というブリジットの発言にジョーが大慌て。彼は水疱瘡にかかったことがなかったが、多忙な時期に病気で会社を休むわけにはいかなかった。だが結局、部下アーロンの息子からうつされてしまう。

【劇の練習】
前半、キッチンでアリエルが練習していたのは、シェイクスピアの悲劇『ハムレット』の第三幕第一場。ヒロイン、オフィーリアのセリフです。有名な"To be or not to be, that is a question."(訳:「生きるべきか、死ぬべきか。それが問題だ」)というセリフも第三第一場に登場します。

【スポーツ大会】
中盤、デヴァロス検事が娘のアリアナについて語るシーン。「スポーツ大会」にあたる原文は"Sports Night"。アメリカの高校では夜間、大きなスポーツイベントが開催される場合があります。また"Sports Night"という言葉は地域によって表彰式や運動部員用の説明会(親同伴のもの)を指す場合もあります。

【スキャンロンの皮肉】
後半、殺人ドールの捜査をめぐり、アリソンとスキャンロン刑事は激しく対立。このときスキャンロンは様々な人形の名前を挙げ、デヴァロス検事顔負けの皮肉を連発しました。バービー人形、カレシのケン、キャベツ人形、ラガディ・アン……。
バービーのカレシがケンだなんて詳しすぎる! 強面イケメン刑事の意外な一面が見えたかも?

【百日草】
一面に咲き誇る百日草は今回の見せ場のひとつです。デヴァロス夫妻の愛娘、アリアナが愛した百日草。花言葉は「友への思い・絆・幸福」です。

【印象深い音楽】
デヴァロス夫妻が花畑を見つけるという、感動的なシーンで流れる一曲。心に浸みましたね! これはキース・アーバンの"TONIGHT I WANNA CRY"(「トゥナイト・アイ・ウォナ・クライ」 ※意味は「今夜は泣きたい」)です。彼は2006年6月、ニコール・キッドマンと結婚しました。

【エピソードの演出家】
"Director"(演出家)のクレジットは"Arliss Howard"。皆さん、気づきました?
彼は「ミディアム」でプッシュ警部を演じている、アーリス・ハワードです。プッシュ警部はジョーやデヴァロス検事と共に、アリソンの特殊能力をいち早く認めた1人。初登場は第1シーズン第1話「予知夢」。その後、第16話「フェニックスの怪人 Part1」、第2シーズン第1話「フェニックスの怪人 Part2」で再登場。アリソンと連続殺人犯の合同捜査を行い、事件解決に貢献しました。
じつはアーリス・ハワードが演出を手がけるのは今回で2回目です。最初の演出エピソードは、第2シーズン第3話「もう1人の私」。このときもマギーという女性が登場しましたよ~。今回も前回同様、深い感動を覚える物語でした。ちなみにこの第3シーズンでもプッシュ警部が登場するエピソードがありますよ。こちらもお楽しみに!

2008.6.30|エピソード・ガイド|コメント(1)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211454/41570820

この記事へのトラックバック一覧です: 6月30日(月)S3#10『邪悪な人形』:

コメント

久々にドラマの挿入歌で、ハッとさせられて、なんて曲か知りたくて調べ始めたんですがなかなか見つからず・・・・と諦めてたら・・

公式サイトにちゃんとのってましたね(*'-')
こまかい情報記載に感謝です!

投稿: 雅 | 2008年7月 2日 (水) 11時00分

コメントを書く