ミディアム7

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About ミディアムについて

Category カテゴリー

Writers プロフィール

YOOSEKUYOOSEKU
(ヨーセク)

予知夢でうなされる事はないが、自分のイビキにうなされる。


 ジョーのアドバイス#19「努力の過程よりも結果が重要」

物語の前半、アリエルは差別禁止法のレポートで学校代表に選ばれます。しかしそのレポートは時間をかけずに書いたもの。自分でも納得できる仕上がりではなかったため、彼女は困惑ぎみです。アリソンがどう助言すべきか迷ったとき、ジョーが伝えたのがこの一言でした。
「結果が重要」というのは、アメリカという競争社会に身を置くジョーの経験から出た言葉でしょう。しかしアリソンに助けを求められて一瞬戸惑う様子から、彼が努力の過程を重視しているのは明らかです。その言葉や態度からは「運が味方してくれるときもあるが、努力に裏打ちされた行動こそ好機を呼び込む原動力である」という想いが伝わってきます。

2007.8.30|ジョーのアドバイス|コメント(1)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211454/16210378

この記事へのトラックバック一覧です: ジョーのアドバイス#19「努力の過程よりも結果が重要」:

コメント

いや・・このアドバイスは、「娘は実力があるのだが、自分に自信がなかったり、不正をしているような罪悪感があるのに違いない」と思ったジョーが、娘の気持ちを軽くしてあげるために言った励ましの言葉だと思う。結果が重要・・というよりも、「ひらめきやインスピレーションが生んだ結果が、地道に重ねてきた努力を飛び越えることもあるよ、学問の世界ではしばしばそうなんだ。」という翻訳にしたほうが誤解がなくてアドバイスとしては良かったとおもう。先生の二面性を幼くして見せられたアリエルの苦悩の学校生活を思うとかわいそうだなと思った。

投稿: にゃらん | 2009年4月23日 (木) 20時19分

コメントを書く