ミディアム7

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About ミディアムについて

Category カテゴリー

Writers プロフィール

YOOSEKUYOOSEKU
(ヨーセク)

予知夢でうなされる事はないが、自分のイビキにうなされる。


 【アリソンの一言】#8「モートンと話したいの」

 クライド・モートンは無許可の捜査によって交通事故に遭い、瀕死の重傷を負ってしまいました。アリソンは検事に涙を流して謝罪し、子供たちの面倒を見られないほど憔悴します。しかし夢でメッセージを受け取った途端に復活! スキャンロン刑事も呆れるほどの強引さでモートンの病室を訪ね、殺人事件を防ぎました。
アリソンは第1シーズン第1話「予知夢」に出てきた、“ハリケーン・アリソン”さながら周囲の人々を巻き込み、ときには大きな混乱を招きます。今回はモートン青年が大変な目に遭いました。しかし結果的に彼はえん罪を免れ、恋人は助かり、2人の家族は「我が子の不幸」という悲劇から救われました。さらにデヴァロス検事は再選を果たし、社会の悪と闘い続ける機会を得ました。今後も彼は他の人には対処できない難事件にアリソンたちと挑み、解決していくことでしょう。
ちょっと感情的で強引な一面もあるアリソンですが、これも使命感と正義感、そして善良な人たちへの愛情ゆえなのです。

2007.6.16|アリソンの一言|コメント(1)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211454/15313686

この記事へのトラックバック一覧です: 【アリソンの一言】#8「モートンと話したいの」:

コメント

たしかに時に強行手段にでるアリソンですが、損得勘定なしに信念を貫く姿勢に応援せずにはいられません。
アリソンの強行に立場上、激怒したデヴァロス検事、しかし、つい選挙について聞いてしまうあたり、なんとも言えないおかしさがありました(笑)

投稿: いち | 2007年6月18日 (月) 09時06分

コメントを書く