ミディアム7

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About ミディアムについて

Category カテゴリー

Writers プロフィール

YOOSEKUYOOSEKU
(ヨーセク)

予知夢でうなされる事はないが、自分のイビキにうなされる。


 【ジョーのアドバイス】#6「ほかの請求書とまとめておこう」

 物語の前半、警報機を鳴らしたアリソンは罰金500ドルの支払いを命じられます。500ドルと言えば最近の為替相場で約6万円。住宅ローンや生活費を思えば大きな出費です。このように平均的な家庭の価値観が、随所に表現されるのも「ミディアム」の魅力のひとつです。
ところでアリソンが警報機を鳴らしたのは、検事局で惨劇が起こる夢を見たから。霊能者の必要経費と言うことで、検事局の予算から落とせないものでしょうか? 落とせるとしたら、申請書の項目は「雑費」? いや、経費で落とすなんてムリですよね……。

2007.5.24|ジョーのアドバイス|コメント(2)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211454/15114829

この記事へのトラックバック一覧です: 【ジョーのアドバイス】#6「ほかの請求書とまとめておこう」:

コメント

ジョーの言葉でもう一つ、今回印象的だったのは、「やることリストに入れておこう」でした。アリソンが、小型処理装置の使い道を聞いたほうがいい、と言ったときだったでしょうか、ちょっと記憶がさだかではありませんが……500ドルって何円?と私も考えてしまいましたが、私たち庶民と同じ立場の家庭だから、6万円が悩みの種になって当然なんですよね。どうも、アメリカなどの映画やドラマに出てくる人たちは私たちとは違ってセレブ、という先入観があるようで……

投稿: sharon | 2007年5月25日 (金) 15時26分

そうですね!なんかアメリカの罰金てこうなんだ!と知れてなるほどーという感じで勉強になりますねー。
でもそのときのジョーはかっこよかったです☆

投稿: ゆりや | 2007年6月 7日 (木) 14時48分

コメントを書く